Seilen SLTA-345s アーチトップ テナーウクレレ シリアルナンバー#1000

Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s
Seilen SLTA-345s

Seilen SLTA-345s アーチトップ テナーウクレレ シリアルナンバー#1000

商品番号:Seilen SLTA-345s
在庫状況 : 売り切れ
¥660,000(税込)
SOLD OUT
  • 商品詳細説明

ビルダー高橋信治氏が長い製作家としてのキャリアの中で得た最高峰の木工技術を駆使して作り上げた、渾身のアーチトップテナーウクレレ! シリアルナンバー#1000

ハンドクラフトギターフェス2022に展示出展された、ショーモデルのアーチトップテナーウクレレです。

現在すでにSeilenウクレレの製作本数は1500を超えていますが、本楽器のシリアルナンバーは「#1000」。

2019年の夏ごろ、セイレンウクレレ #1000 を迎えるにあたり記念すべきモデルのために構想され、材料を揃えられたアーチトップウクレレ。それから数年の時を経て蓼科工房の移転と共に製作に着手され、コツコツと時間をかけて作り上げられたものが本楽器です。

トップ、バック共に15mmほどの厚めの板を3〜4mmの薄さになるまで鉋を使って手で削っていく、バイオリンのような工法で作られるアーチトップウクレレは、通常のフラットトップウクレレを製作するのに比べると何倍もの手間と時間がかかります。
手間がかかるがゆえに製作本数が少なく一般的ではありませんが、出来上がりの格別な美しさと、その構造により甘く深みのあるゆったりとした音色が生まれ、フラットトップとは異なる魅力を持つ楽器です。

本楽器のサイドバックには、複雑に組織が入り込んでいるため削り出しに更なる苦労を要するキルテッドメイプルが使用され、プリズムのような輝きのある美しい模様を描いています。トップ材には目の詰まったシトカスプルースが使われています。

ヘッドプレート、指板、ブリッジ、テイルピースは同じ縞黒檀の板から削り出され、指板のアースインレイは、天然石のターコイズを削り出し、さらに5フレットには純銀による双葉のようにも見えるハートのワイヤインレイが入れられ、ショーモデルにふさわしい美しく豪華な仕様となっています。

アーチトップウクレレの詳しい工法については、セイレン弦楽器工房のブログにて詳しく解説されています。ぜひご参照ください。

https://seilen.co.jp/archtop-tenor/

後付けが大変な為、あらかじめMi-Siピックアップが搭載されています。
サウンド動画は生音と、ピックアップからの音色と、2種類用意いたしましたのでご覧ください。

サイズ:テナー
ボディ形状:アーチトップ
トップ:シトカスプルース
サイドバック:キルテッドメイプル
バインディング:アイボロイド
ネック:ホンジュラスマホガニー
ヘッドプレート:縞黒檀
指板:縞黒檀
ブリッジ&テイルピース縞黒檀
指板インレイ 999.9シルバー ワイヤインレイ 「アース」「ハート」「指板エッジ」
ナット幅:36mm
スケール:432mm
Mi-Siピックアップ搭載

税別販売価格¥600,000
ケース別売
新品一年保証